インフォメーション

「變異的城市(めたもるシティ)」アナログ盤が3月にリリースされる。
アルバム「めたもるシティ」は2017年7月に菊地成孔プロデュースでリリースされた。
CDのジャケは池野恋書き下ろしイラストで制作されたが、
アナログ盤は寺本愛の新たな書き下ろしとなる。
変わりゆく東京と現代のポップな女性の書き手として寺本愛が選ばれた。
また、アナログ盤タイトル「めたもるシティ」は中国語「變異的城市」に変換して表した。

ご予約、詳細はHMVレコード →http://recordshop.hmv.co.jp/32903


また、アナログ盤リリースを記念してのレコ発ライブが3月23日に開催される。
開催場所は青羊(けもの)の地元盛岡。
アルバムのプロデューサーでもある菊地成孔がプレイヤーとして参加。
3月23日詳細ページ


イラスト:寺本愛
デザイン:小田雄太(COMPOUND inc.)

■けもの『めたもるシティ』 [収録曲](全10曲)
SIDE A
01. オレンジのライト、夜のドライブ
02. 第六感コンピューター
03. PEACH
04. C.S.C.
05. フィッシュ京子ちゃんのテーマB めたもVer.

SIDE B
06. めたもるセブン
07. tO→Kio(トーキオ)
08. 伊勢丹中心世界
09. River
10. Someone That Loves You

発売元
アナログ盤『めたもるシティ』
品番:HRLP117
価格:¥3,600+税
発売日:2018年3月30日(金)リリース
※ 3月23日(金)よりライブ会場およびHMV record shop 渋谷 新宿ALTA、コピス吉祥寺の3店舗にて先行発売

ご予約、詳細はHMVレコード →http://recordshop.hmv.co.jp/32903


**どうして中国語のタイトルにしたか?**
についてのご説明をここに記します。
青羊自身が中国に興味を感じつつあること、
また、アルバム発案当初に曲名を全て漢字表記にしようというアイデアがあったことが理由です。
(当初、「伊勢丹中心世界」という曲はすでに存在していて、
全て漢字であることの面白さを感じていていました)
また、作家 楊逸さんの本を読んでから中国に興味を持ち始め、
小説の中、日本人にも共通する感覚をもっている驚きが発端です。
それから、単に中国語の会話を音として好きであること、
また、一緒にすると政治的に問題があるのかもしれないけれど、
台湾人の友達ができたこと、
また、フォントで遊びたいなど様々な要因があります。
最後に、漢字フォントと寺本愛さんが相性がいいと予感したからです。

ブルータス No. 861「危険な読書」 号が12月15日に発売されました

翻訳家 柴田元幸氏、トオイダイスケ、けものの鼎談が掲載されています。
 ひとり1冊づつとりあげてそれについて語っています。

こぼれ話としては、柴田さんが持って来てくださった、
ポール・オースターや、ガリヴァー旅行記の
もとある英語版の表紙のデザインがとても素敵だったこと、
柴田さんは本の装丁をとても重要だと思っていらっしゃることを知ることができました。

ブルータスサイト
https://magazineworld.jp/brutus/brutus-861/

柴田さんとは2018年3月24日(金)に盛岡に行きます。
朗読と音楽のイベントを開催致します。

 

 

2018/2/22(木)
けものんくる(けもの+ものんくる)ライブ at 名古屋
「世界はめたもるシティにしかないって上手に言って」

会場 Tokuzo - 得三 - 朝5時までやっている呑み屋 
開場 18:00   開演 19:00
予約 3000円   当日 3500円(別途飲食代)
電話 052-733-3709 (Tokuzo

ものんくる 
吉田沙良(vo)、角田隆太(b)、宮川純(key)、小川翔(gt)、伊吹文裕(ds)

けもの 
青羊(vo)、トオイダイスケ(key,vo)、織原良次(fb)、伊吹文裕(ds)


「けもの」と「ものんくる」この2つのユニットにはいろいろ共通点がある。
鬼才、菊地成孔氏のプロデュース。
個性溢れる女性ボーカリスト。
ユニットの心臓がベーシスト(トオイ氏は今回はキーボド)であり文学的。
ユニット名がひらがな表記。
しかも一方が「もの」で終わりもう一方が「もの」で始まっている。
なので両者が重なると「けものんくる」となる。
もはや両者が同じステージに立つのは必然であるし多くのファンが待ち望んでいる。
それが名古屋で、ものんくるが愛するハコTOKUZOで、実現する。
さらに2017年7月同時期にリリースされた傑作の呼び声高いニューアルバム。
けもの「めたもるシティ」
ものんくる「世界はここにしかないって上手に言って」
それぞれ前作から大きくシフトチェンジしてさらに加速している。
ジャズ×ポップス界を疾走する二つの閃光。
その光が交わるときどんな世界が見えるのか。
ライブ会場で確かめるべし。

2018年3月は
"けもの"のホームシティ盛岡に菊地成孔氏と柴田元幸氏を招いて
イベントを開催致します。
全く異なる2日間です。
場所はロマンチックな岩手県公会堂21号室です。

3/23(金)アルバムリリース記念ツアー

会場:岩手県公会堂21号室(〒020-0023 岩手県盛岡市内丸11−2)

開場:18時 開演:19時

料金:4,000円(1DRINK込み) 
 ※『ご本人+未就学児1名無料』のチケットは公会堂限定で発売予定です

出演:けもの with 菊地成孔(vo,sax)
サポートメンバー:坪口昌恭(Key),
トオイダイスケ(b),守真人(dr)

プレイガイド:
 ・ネット販売 eplus ( 受付期間:2/1(木)10:00~3/21(水)18:00まで )
 ・実店舗販売 フェザン / 川徳 / ディスクノート盛岡/喫茶carta / 六月の鹿 / 公会堂

企画:けもの 協力:喫茶carta, 六月の鹿 ,東家 後援:岩手日報



3/24(土) 魚の夢を見た

会場:岩手県公会堂21号室(〒020-0023 岩手県盛岡市内丸11−2)

開場:18時 開演:19時

料金:4,000円(1DRINK込み) ※未就学児入場不可です

出演:柴田元幸(朗読)、菊地成孔(朗読,sax)、けもの(朗読,歌)
 サポートメンバー:トオイダイスケ(p)

プレイガイド:
 ・ネット販売 eplus ( 受付期間:2/1(木)10:00~3/21(水)18:00まで )
 ・実店舗販売 フェザン / 川徳 / ディスクノート盛岡/喫茶carta / 六月の鹿 / 公会堂

企画:けもの, ignition gallery
協力:喫茶carta, 六月の鹿 ,東家 後援:岩手日報

3/24(土)は”魚”をテーマに朗読やサックス、歌が重なり会います。
柴田元幸さんの声、菊地成孔さんの声、お二人とも倍音のある魅力的な声です。
目玉は柴田さんの朗読、菊地さんのサックスとなる予定です。
また、柴田さんによるこの日のための書き下ろし訳、けものによる書き下ろし曲も演奏予定です。

3/24のビジュアルはイラストレーターMARUU(マルー)さんによるものです。
全体のデザイナーは小田雄太さんです。

kemono_morioka_0323-24.jpg
kemono_morioka_0323-24_02.jpg

2018年1月25日(木)新宿ピットイン
開場19:30 開演20:00
¥3,000+税(1DRINK付)
ご予約方法は3つからご選択ください
 1)ピットイン店頭にてご予約
 2)ピットインにお電話
 3)ピットインにメール予約
  メールshinjuku@pit-inn.comにて予約受付致します。
 なお,予約締切・人数の変更は前日の11p.m.となります。
 また,当日は予約の方からの優先入場となります。
 メール予約の方には,予約確認のメールを返信いたします。
 返信のない場合は,お手数ですが当店までご連絡下さ い。

【けものMEMBERS】
青羊(Vo)トオイダイスケ(P)織原良次(Fretless B)石若 駿(Ds)
スペシャルゲストVo:辻村泰彦(オーニソロジー)


けもの2018年 初めのライブはピットイン。
久しぶりに織原良次をサポートメンバーに加え、演奏します。
そして、毎回ピットインでは新しいことをしたくなるのですが、
新曲をオーニソロジー辻村さんに歌って頂きます。


1 2 3 4 5
トップへ戻る