インフォメーション

新しいアルバム「めたもるシティ」が発売されます。
2017年7月19日(水)

めたもる…タモルフォーゼ(変化、変容)を動詞化した青羊の造語

シティ…シティ・ポップ、2017年の東京
を合わせてこのアルバムのタイトルが出来ました。

ジャケットは変化、変容したいという願いを
「ときめきトゥナイト」の池野恋さんが描いて下さいました。

(「ときめきトゥナイト」の主人公 蘭世はかみついたものに変身する能力を持っています)



プロデューサー、ボーカル、サックスは 菊地成孔
全アレンジ、ベースやシンセ演奏、打込みはトオイダイスケ
管弦には青羊の学生時代の先輩 木村あすか Hrがリーダーとなり弦はNHK交響楽団の方々にご参加頂きました

曲調はシティポップが中心です。
今回はトオイによるアレンジや打ち込み作業などにより、
ジャズ色はほとんどなく、ポップス色のサウンドになっています。

1〜5曲目は過去
 1曲目「オレンジのライト、夜のドライブ」
 2曲目「第六感コンピューター」 ゴダールの『気狂いピエロ』を元に歌詞を書いています
 3曲目「PEACH」
 4曲目「C.S.C」漫画『クリーム・ソーダシティ』(長尾謙一郎 著)のことを歌っています
 5曲目「フィッシュ京子ちゃんのテーマB (めたもVer.)」 南部広美さんのナレーションが入っています

6曲〜10曲目は未来をイメージしていて、かつ、具体的な街のイメージがあります。
 6曲目「めたもるセブン」がリード曲です。街のイメージは東京、渋谷
 7曲目「tO→Kio(トーキオ)」は菊地成孔氏の歌詞書き下ろしで、街のイメージは銀座
 8曲目「伊勢丹中心世界」は管弦8重奏で、伊勢丹のある新宿  ※タイトル公開までもう少しお待ちください
 9曲目「River」は福岡
 10曲目「Someone that loves you」はイギリスのエレクトロデュオ HONNE(ホンネ)のカバーで、街のイメージは東京、渋谷

 11曲目「 第六感コンピューター (カラオケVer.)」


さらに、演奏者は

   プロデューサー、ボーカル、サックスは 菊地成孔
   アレンジ、ベースやシンセ演奏、シンセのマニピュレート トオイダイスケ
 シンセのマニピュレートやキーボード 坪口昌恭
 ドラム、ビブラフォン演奏には 石若駿
 ギター 塚本功
 トランペット、フリューゲル Niran Dasika
 ナレーション 南部広美(フィッシュ京子ちゃんのテーマB (めたもVer.))
 ボーカル、ナレーション 海波 (フィッシュ京子ちゃんのテーマB (めたもVer.)、伊勢丹中心世界)
 ナレーション 嘉代子(伊勢丹中心世界)

 STARS⭐︎Orchestra
 森田昌弘:violin
 丹羽洋輔:violin
 御法川雄矢:viola 
 宮坂拡志:cello 
 本間達郎:contrabass
 徳武敦:clarinet
 早川志保:fagotto
 木村あすか:horn (bandmaster)


などなど、書ききれないほどの方々のご協力を頂いております。
レーベルはTABOOです。


このアルバムは作ったというよりは、出産したという感覚です。
そのために多少の痛みもありましたが。
また、アルバム制作を通じ、人としてどうしても成長する必要がありました。
このアルバムに感謝すべきは自身なのですが、
聴いてくださる方に、小さな変化が起こることを願っている次第です。


青羊(けもの)

保存

トップへ戻る