インフォメーション

MV『めたもるセブン』のエトセトラ

『めたもるセブン』という曲は2017年1月に生まれました。
けもの、はじめてのロックです。(くるり、リンドバーグのような)
そして、この曲はアルバム「めたもるシティ」(2017/7/19発売)のリード曲です。






**
MVを島田大介さんにお願いしたい、とずっと心で念じていました。
たぶん2016年12月ぐらいからです。
島田さんはサカナクション、雨のパレードなどなど数多くのMVを撮っています。

島田大介さんとの出会いはたぶん2014年ぐらいのナレーションでのお仕事。
その時は某アパレルのナレーションでした。
そして、監督の姿を見た時、黒服に細身のシルエットでモデルさんかな、と衝撃を受けたことをいまでも忘れません。
 (監督ってボロボロの服を着ているイメージです。。。)
そしてナレーション終了後のご挨拶で
“けもの”の音楽をいいと言ってくださったことも、
大変嬉しく思っていました。
その後、島田さんとはもう一度別のナレーションの
お仕事をさせて頂きました。

**
小谷実由さんはインスタグラムでずっと眺めていた
憧れのモデルさんで、主演をお願いしました。
(小谷さんを以下、おみゆさんといいます。)
おみゆさんは、たぶんこれまた憧れのmameというお洋服の
モデルをやっているのを偶然見つけたんだと思います。
おみゆさんと実際にお会いしたのは撮影当日(6/14)です。
おみゆさんとお会いした瞬間、風が吹きました。(冗談みたいですが、ほんとです)
そして、瞬時にモデルという職業がこの世で果たす役割を悟ったのでした。

**
さらに、島田大介さんとおみゆさんの信頼関係が
このMVをさらに魅力的なものにしています。

**
いまのTOKYOを象徴するものってなんだろう?
と考えた時、それは工事現場でした。
オリンピックに向けての工事現場、
2027年を目指す、渋谷の再開発の工事現場。
明治神宮のニョキニョキ生えたクレーン達は
もはや現代アートのようです。
そして、取り壊されていく建物、新しく建設中の建物。
生と死、旧と新のコントラストがはっきりしています。
その今しかない、メタモルフォーゼしていく
2017年のTOKYOを残した記録でもあります。

**
また、このPVには重要なアイテムが2つ登場します。
ひとつは、クリームソーダ
アルバム収録曲の『C.S.C』はクリームソーダシティのことです。このフォトジェニックで、エモい飲み物が何を象徴するのか、はっきり言葉に表せなく考え中なのです。
クリームソーダは渡辺佳純さんに作って頂きました。
6月はクリームソーダを8杯ぐらい飲みました。

もうひとつは、Blueのマイク(一番最後)
これは青羊私用のマイクで、アルバムの3曲はこのマイクで録音しました。

***********************************
ディレクター:島田大介
主演:小谷実由
スタイリング:小山田孝司
メイク:秋鹿裕子
フォントロゴデザイン:小田雄太
クリームソーダデザイン:渡辺佳純

作詞・作曲:青羊 / 編曲:トオイダイスケ
青羊:vocal, programming
トオイダイスケ:bass, programming
石若駿:drums
塚本功:guitar
坪口昌恭:programming

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

トップへ戻る